113×118

20代半ば。これでも教習指導員。

国立大学

朝から個性的な子沢山乗りました。

よく担当する子と話をしてたら


「〇〇大学なんです」

「嘘。今日〇〇大の子乗ったよ?」

「友達です。~ゆう子も友達ですよ」


まさかの県外の同じ大学の同じ学部の友達同士3人今日凌が乗ったみたいでした。

びっくりしました。


お昼休みに教習車でiPhoneの写真を見返していました。先輩に沢山迷惑かけたよね。


指名の生徒さん乗っていただいたり、みきわめを見てもらうなんて当たり前。


「凌の言った様に凌じゃなかったら教習来たくないって。路上怖いって」

「凌がみきわめ見ても良好な子回してね。みきわめは出来て当たり前。泣きそうな目で見られても困る。甘やかしてくれるからあの子は凌を指名してた」

「記憶にないんだろ?可能性の問題で傷ついたには繋がらない。俺その後乗って点検したけど記憶にないから」

「複数教習で印象深い人聞いたら凌の名前割とだすよ?」


話聞いてくれて、優しくて。いつも優しくて。

先輩いなかったらこんなに仕事楽しめてなかった。


職員の先生も金沢のお土産持ってきてくださいました。めっちゃ気分上がりました。


こうやって乗ってたら毎日見えてないものが見えてきます。