113×118

20代半ば。これでも教習指導員。

熱中症

車乗っていても暑すぎて熱中症になりそうでした。朝から仲良しの生徒さん2人とグループの女の子1人お声がけしました。


手を振ったり、声かけたり、また明日ってゆいあえる関係が本当に理想的。


介護の仕事する大学四年生。ひたすら高齢について語り尽くしました。

「初回乗った先生すごく良くて!!」

苦手な後輩をまさかのベタ褒め。

「人当たり良いよね。コミュ力高すぎて尊敬しちゃう」

ナイスな返答できてびっくりしました。

この間、声かけたら「あー...」で返されて泣きそうだった凌。


次は短大の男の子。東京が冷たい、道を聞いても教えてくれない、駅員さんの目が死んでる。話すの楽しすぎました。


午後からの生徒さんは、プロ野球選手のタイガースに入れそうな実力。

バッティングセンターでホームラン売ったことあるみたいで惚れ惚れ。


最近は事務員さん、ベテラン先生よく声をかけてくださいます。凌も前を向かなければとおっちゃんや後輩くんに声をかけてました。

...んんん。恵まれてる。本当に恵まれてる。

私が変わらなきゃいけないんだよね。


ほんの少しでいいから今より優しく。

困ってる人には声をかける。

人の話を聞く。人を大切にする。